2018年12月10日月曜日

【スクーリング作品紹介】染織II-3腰機で帯を織るa

今年の関西は、12月の1週目にして、やっと冬らしくなってきました。
でもあまりにも急に寒くなりすぎて、体調が追いつきません。
みなさま、どうぞお風邪やインフルエンザ、風疹などの流行には乗られませんよう、
どうぞご自愛ください。
さて、染織研究室には、2018年度aクラスの腰機で帯を織る作品が続々提出されています。
今回は、11月中旬までに到着した6作品をご紹介します。



















上下で強弱のついた縞が印象的です。ピンクから紫の濃淡に水色を合わせることで、レトロな感じに仕上がりました。



















浮き織りによる小さな模様がとても効果的に入っています。たくさんの色をアクセントに、基調のベージュをいかしています。




















白と赤だけを使って、グラデーションに見える構成が、大胆でかっこいい!です。浮き織りも効果的に入っています。



















明度差がはっきりしつつも、落ち着いた印象の4色を使った構成です。両端に細く入った縞が全体の構成を引き締めていますね。



















同系色を組み合わせた穏やかな印象の中に、明度差と縞の幅の差に効かせた構成の妙が光ります。浮き織りもアクセントになっていますね。



















黄色ー緑系の濃淡に、黄色の補色である細い紫色を効かせた、フレッシュな印象の縞です。両端の細い経縞の色を変えていますね。


2018年度aクラス、そしてbクラスの皆さん、
年末年始のお忙しい時期が過ぎましたら、
ぜひ帯を完成させてくださいね!!
提出、お待ちしています。(NK)

2018年11月22日木曜日

故上村悦子遺作展のお知らせです

卒業生の上村悦子さん(2002年度入学 2006年度卒業)の遺作展が開催されています。
展覧会のお知らせをいただいてお亡くなりになっていたことを知りました。




日曜日のみの開催です。
お車でお越しの場合、つぼみ堂北隣(向かって左側)がコイン駐車場です。






卒業制作のコメント
日本の伝統である折り紙の技法を用い正三角錐を作り、それらのパーツで画面を埋めることにより、
画面に陰影の効果を出した。又三角錐という一見固そうな形状の物を布を使用することで柔らかな
物に変化させ、意外性を表現した。加えて三面の色を変化させたことで、見る方向による色の変化
の動きを加えた。
『織りを折るII』ラミー麻、平織

どうぞご高覧ください。
上村悦子さんのご冥福をお祈りします。(通信染織研究室)

【展覧会】秋の展覧会のご案内です。



皆さま、こんにちは。

11月も後半になり、日増しに寒さが身にしみるようになりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本日は、秋の展覧会のお知らせです。



「身に纏うアート」展
会期:2018年12月5日(wed)~16日(sun)
時間:11:00~19:00
定休日:月曜(祝日は営業)※12/10は店休日
場所:京都市伏見区上油掛町190
酒の器 Toyoda (HPはこちら)



「Ecru+HM 20周年記念チャリティー展『手と手を繋いで...』」
会期:2018年12月15日(土)~23日(日)
時間:12:30~19:00(最終日17:00)
休廊日:19日
場所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
Exhibition Space Ecru+HM HPはこちら



スクーリング「フェルトメイキング」の授業をご担当の、
ジィリージョンソン先生がご出品されています。



「金沢美大工芸大学東海支部同窓会 第49回美術展 欅」
会期:2018年12月11日(火)~16(日)
時間:10:00~18:00 14(金)20:00 16(日)PM16:30 まで
場所:愛知県美術館 8階ギャラリーⅠ室





皆さま、ぜひご高覧ください。
(通信染織研究室)

2018年11月2日金曜日

【展覧会】木内小織作品展のお知らせです。




みなさまこんにちは。

数日前から京都も冷え込んで参りました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


本日は、木内小織先生の個展のお知らせです。
木内先生は、卒業制作織と絣のショールの授業をご担当なさっています。


ぜひ、この機会にご高覧ください。


「木内小織作品展」
会期:2018年11月13日(火)~18日(日)
場所:ギャラリーマロニエ4F
時間:12:00~19:00(最終日は18:00)



2018年10月12日金曜日

【展覧会】高木先生の展覧会情報です

今日は高木先生の展覧会のお知らせです。

今回開催されるギャラリー猫亀屋は、通信染織出身の卒業生が運営されている場所です。
みなさまぜひご高覧ください。

ホームページはこちらになります



(通信染織研究室)

2018年10月3日水曜日

第65回伝統工芸展のお知らせです

皆さんこんにちは。
毎週のように台風が列島を縦断しております。
気をつけてお過ごしください。

大学院の研修生を修了された方から日本伝統工芸展に入選との
嬉しいお知らせをいただきました。




東京での展示は終わってしまいましたが、今後全国を巡回します。
名古屋、京都、金沢、大阪、岡山、松江、高松、仙台、福岡、広島、松山
の各地です。

詳しいことは日本工芸会のウェブサイトでご確認ください。(染織研究室)
http://www.nihonkogeikai.or.jp
(リンクしていません)

2018年9月27日木曜日

スクーリング授業風景 染織V-1 ろう染

舘先生の展覧会情報にあわせて、先生のご担当されているろう染の授業をご紹介いたします。

この授業では、前期、後期の2回のスクーリングです。

1回目では、ろうけつ染の方法や様々な技法や特徴を理解し、ひたすらテストピースを作ります。
2回目では、テストピースをもとに作品を制作します。

今回は1回目のテストピース作りについてのレポートです。




様々な形の版を電熱器で溶かしたろうに浸し、布にろうを置きます。



その後刷毛を使い染色、、また違う形の型でろうを置き、染める作業を繰り返します。
この版もご自身で作っていただきます。角材やベニヤ板など、熱と水に強い素材で作ります。









単純な形でも、ろうの防染力の違いにより、染料の染み込む度合いが代わり、美しいテクスチャーを生み出します。
また、様々な色の重なりにより、布に色彩の奥行きが表出します。




たくさんの実験と試行錯誤を経て、完成したテストピースを6点、合評作品として展示し、先生の評価を扇ぎます。



また次の機会に2回目のスクーリングの様子もレポートいたします!

(染織研究室)